インスタグラムでフォロワーを増やす【8つの施策】

こんにちは、梶田です。

インスタグラムでフォロワーを増やしたいけど中々増えない。

アカウント開設してみたはいいけど1ヶ月でフォロワー10人なんて声もよく聞きます。

中には一ヶ月で何千人もフォロワーを増やす人もいて、フォロワーを増やせる人と増やせない人には決定的な違いがあります。

違いが何かというと、インスタグラムの8つの施策をうまく使いこなせているのかどうか。

たったそれだけです。

実際に僕も、8つの施策のうち5つを実践する事でフォロワー0人の状態から一ヶ月でフォロワー1300人まで増やすことができました。

今は少し落ち着きましたが、1日6人前後のペースでフォロワーはどんどん増えていっています。

当記事ではインスタグラムでフォロワーを増やす上で、必ず理解しておかなければいけない8つの施策について解説してきます。

5分後、あなたは重要ポイントを抑える事で、たった今からアカウント改善することができるようになるので、一つでも多くの施策を実行するようにしましょう!

アカウント作成時の重要点

色々な施策を実践する前に、一番はじめに行わなければいけないのがアカウント目的の明確化です。

どういう事かと言うと、なぜインスタのフォロワーを増やしたいのか?が明確でない限りは、今後発信する内容がブレブレになってしまいます。

発信内容がブレブレでは、日本だけでも3300万ユーザーがインスタを利用している中から、わざわざフォローしてくれる確率は低くなってしまいます。

ではどうすればフォローしてもらえるかと言うと、このアカウントをフォローすれば自分の興味のあることについて知ることができる。

それ以外にフォローしてもらえる理由はありません。

その為にアカウントのゴールを明確化する必要があります。

また自分が運用するアカウントがどの種類のアカウントになるのか把握をすることで、競合アカウントの把握ができたり、良い施策があれば真似するだけでフォロワー獲得に繋がるので必ずアカウントのゴールを決め、目的にあった投稿をするようにしてください!

 

主なアカウントの種類

・個人

・企業

・サービス・商品

・情報系(観光、カフェ、コスメ等)

ブランディングの重要性

どんなアカウントを運用していくか決めると発信内容に一貫性が出てきます。

すると、あのアカウントを見ておけば流行りの服がすぐわかるから毎週チェックする!などの様に、アカウントを見ただけで何か別のキーワードを連想させることができる様になります。

その連想こそがブランディングであり、アカウント経由での商品購入に繋がる入り口になります。

実際にSNSで商品を購入したことがあるか。と言う質問に、78%の人たちが「購入したことがある」と答えているんです!

昔は資金が多い方が有利だったオークションマーケティングの時代から、今ではクオリティマーケティングに変化し、ブランディング次第では大手にも勝てるほどのポテンシャルを持っているのがInstagramなんです。

ブランディングを意識する上で大切なことは、どんな人をターゲットにして発信をしていくのか?と言うことで、ターゲット次第で発信内容に変化が出ることはもちろん、休日に投稿した方が投稿への反応率(いいねやコメント)が高くなったり、平日でもどの時間帯にInstagramにログインしているか把握しやすく投稿への反応率に大きな違いがおきます。

反応率を高めるにはターゲットユーザーにとって価値ある情報を届けることも重要です。

発信内容に専門性を持たせたり、ストーリーズと写真投稿で発信内容を分けるなどの工夫をすることで、写真投稿もストーリーズも見られる様になったりなど、ブランディングはフォロワーを増やしていく上で重要な役割を担っています。

プロフィールは見やすくする

アカウントを見にきたユーザーが投稿内容を見る前に、プロフィールを見て離脱してしまう確率は74%と言われています。

つまり始めの一瞬であなたのアカウントを見るかどうか判断されてしまうと言うことです。

1%でもアカウントを見てもらいやすくするには、見やすいプロフィール作成を心かける必要があります。

見てもらいやすいプロフィール作成に大切なことは、ビジネス感をなくし、ターゲットに興味付けする内容で、箇条書きで4〜5行ほどで簡潔にユーザーに伝える様にしてください。

たまに作文の様に伝えてい事をズラズラと書いている人がいますが、読むのがめんどくさくて投稿内容を見てもらう前に離脱される原因になるので、プロフィール文は必ず箇条書きで読みやすく、URLを貼る時なんかはURLが長いと見やすさが損なわれるのでURLを短くするツールを使い短くする様にしてください。

 

プロフィール作成のポイント

・プロフィール写真はなるべく顔写真に

・誰に向けたプロフィールなのか明確にする

・興味を引きつけるタイトル付け

・箇条書きで簡潔的に

・URLは短縮する

インスタ写真投稿の基礎

Instagramっぽい写真とフォトグラファーの写真は別物だと言う事をまず始めに理解しておいてください。

フォトグラファーは撮りたい物を中心にピントをしっかり合わせて撮るのに比べて、Instagramではどれだけ写真にライフスタイルを混ぜ込むかが重要になってきます。

ライフスタイルを混ぜ込むってどおいう事かと言うと、あなたの普段の生活が想像できる様な写真に価値があり、宣伝したい商品なんかをメインに投稿しているとInstagramのユーザーは嫌がってしまいます。

またライフスタイルの表現はアカウントの世界観を作り出すことになるので、ブランディングにも繋がります。

 

ライフスタイルの表現

・対象を遠目に写す…対象を取り巻いたライフスタイルを写す様にする

・ストーリー性を持たせる…写真から伝わるストーリーでライフスタイルが想像できる

・自分の写真をいれる…後ろ姿でもなんでも写っていればOK

・ピントが対象に合っていなくてもOK…ライフスタイルが主役

ハッシュタグを使いこなす

投稿では写真も大切ですが文章も非常に大切で、中身がスカスカの投稿より学びや共感を与えることのできる様な文章を打つことでユーザーの反応率が変わります。

そして何より重要なことがハッシュタグを使いこなせるかどうか。

アカウントをユーザー側から見つけてもらう方法は、投稿をオススメ画面に表示されるか検索画面の表示から見つけてもらうかの2つしかありません。

オススメ画面に表示させるのは、インスタグラムの気まぐれなので力を入れるべきはハッシュタグにあります。

そして必ず理解しておかなければいけない事が、ハッシュタグを使った表示方法は、使うハッシュタグによって上位に表示させる難易度に大きな違いがあると言うことです。

中には何百万人から見られる様なハッシュタグもあれば、10人からしか見られない様なハッシュタグが存在して、当然多くの人に見られるハッシュタグの方がライバルも多く上位表示させる事が難しいですが、表示させる事ができたときの威力は一撃で何十人、何百人とフォロワーが増えるほどの威力があります。

 

ハッシュタグポイント

・努力次第で多くの人に認知を広げられる

・5〜15個がベスト

・同じキーワードを入れた類語を使う

・大きなタグと小さなタグの存在

・人が検索しそうなタグやトレンドに乗っかる

フォロワーにアカウントを見てもらうコツ

投稿を見てもらえた数を「リーチ」と言う言葉を使って表現します。

リーチ数を伸ばすには、まず投稿の写真と文章が良質な事が前提として必要になってくるので、ここまでの項目をしっかり読みこみ実践している上での施策となります。

そして理解しておかなければいけない事が、あなたの投稿やストーリーズが必ずフォロワーに届いているかどうかはわからないと言う事です。

ユーザーは基本的に何百人とフォローしているアカウントがあるのが一般的で、その数多くあるユーザーの投稿に埋もれてフォロワーの画面上に表示されなければ、せっかくフォロワーが多くても全く意味がありません。

そこで大切のポイントが投稿時間を意識する事です。

アカウントをビジネスアカウントに変更する事で、「インサイト」といったツールが利用できる様になります。

インサイトでは、フォロワーのアクティブな曜日や時間帯を直感的に把握できる様な機能がついており、多くのユーザーがログインしている時間帯に合わせて投稿する事で多くのフォロワーに発信内容を届ける事ができます。

またフォロワーとの親密度が高いと優先的にフォロワーの画面に表示されやすくなるなど、インスタグラム上でのルールあり、ルールをうまく使いこなす事でリーチ数を伸ばして発信する様にしましょう!

 

リーチ数を伸ばす方法

・インサイトでユーザーのアクティブな時間帯に投稿する

・タグ付けする事でお返しのタグ付けをもらえる可能性がある(タグ付けされればフォロワーの投稿上に自分のアカウント情報を載せる事ができる)

・投稿したら必ずストーリーズで周知

・コメント返信で親密度でUP

ストーリーズとハイライトを使いこなす

24時間限定で見ることのできるストーリーズは、気軽に更新することのできる便利な機能です。

写真の最終投稿日から日にちが空いていると動いていないアカウントだと思われてしまうので、ストーリーズは必ず24時間切らさずに更新する様にしてください。

またストーリーズは更新するとフォロワー画面上で見られやすい位置に表示されやすいといった特徴があります。

短時間で大量に更新することで、かなり投稿を見られる確率が上がるので24時間とは言わず、なるべく多く更新する事がポイントです。

ハイライト機能では、過去のストーリーズを掲載できるので、ユーザーに伝えたい内容はハイライト機能を使いまとめる様にしてください。

 

ストーリーズでインスタユーザーと交流

・質問

・アンケート…DMよりも気軽にコミュニケーションが取れる

ハイライト

・流れて欲しくない情報を表示

・些細だけどアピールしたい事

IGTVとインスタライブ

IGTVもインスタライブもどちらも動画を使いインスタユーザーに発信を行う事ができます。

IGTVは、ハッシュタグ検索寺に検索ページに大きく表示する事ができます。

もちろん上位表示させる必要はありますが表示させられれば、他のどの投稿よりも目立たせる事ができます。

インスタライブは、24時間で自動的に消えるライブ配信です。

他のインスタユーザーとコラボ配信ができたり、リアルタイムで質疑応答ができるので、フォロワーとの関係直アップや商品紹介に使う事ができます。

 

IGTVでできる事

・検索ページに大きく表示

・縦型動画

・1分以上のどうが

・投稿やストーリーズから飛べる

インスタライブ

・24時間残せるライブ配信

・コラボライブ

・リアルタイムで質疑応答

・総視聴者数がわかる

まとめ

フォロワーを増やす8つの施策について話してきましたが、ここまでの内容の本質的なことは、ユーザーを取りこぼさない器を準備して認知拡大を行う。って言うすごくシンプルな事です。

ユーザーをキャッチする器がなければどれだけ認知拡大をしてもフォロワーは増えないし、立派な器を用意しても認知拡大の努力をしなければフォロワーは増えません。

器も認知拡大も集客に置いて重要な要素になるので、当記事の内容を必ず実践する様にしてください。

そうすれば気がついた頃には、器も認知拡大もできているはずです!

それではまた!

最新情報をチェックしよう!
>Gro-Blog

Gro-Blog

Gro-Blogへようこそ。 ここは仕事に役立つ実践スキルを身に付けてもらう為のメディアです。 色々なスキルの記事が随時更新されていきます。明日から役立つスキルを身に付け、どんどんアウトプットしていきましょう!

CTR IMG